MORIMOの活動

昨今声高に叫ばれている地方創生と地産地消。そのヒントは森林資源にありました。

森は生き物です。日本が誇る里山文化では、森を生かしながら、森のめぐみを最大限に活かし、永きに渡り培われた職人技術によってモノづくりが行われてきました。

そうした山と共に生きる智恵と経験を活かして豊かな自然と、高い職人技術を次の世代へと繋ぎ、地産地消と地方創生に活かしていこうというのがMORIMOの考えです。

相模原市が誇る水源である相模川、そして相模川へと流れる桂川流域にある雄大な森がMORIMOの舞台です。豊かな森は、雨水を地中に蓄え、ゆったりと時間をかけて川へと流し込んでくれます。

森が蓄えた良質な水は、相模湖をはじめ、津久井湖、宮ケ瀬湖といった湖を経て河川流域に水の恵をもたらしています。

良質な水を生み出してくれる森は、洪水や活水をやわらげてくれるいわば「緑のダム」。整備された森が、土砂崩れを防ぎ安定した水の供給に大きな役割を果たしているのです。

相模原市では、市域のおよそ6割を占める森林が、神奈川県内の水源エリアの3割にあたります。

だからこそ、この豊かで貴重な水源を守り、次代へと引き継いでいくために、森を再生し保全する取り組みが必要です。市や県と手を取り合い、手入れ不足によって荒廃が進んでしまった森林に、健康と活力を取り戻すための間伐・枝打ちなどの森林整備を行っていきます。

整備された森からは良質な水を、間伐材は良質な木材として。行政と市民が一体となった森林づくりが始まっています。

森は水を貯え、きれいな空気をつくり、生き物たちが住む場所でもあります。

豊かな森が身近にあることは、とても恵まれた幸せなことです。

しかし、スギやヒノキの人工林、コナラやクヌギの落葉樹の自然林も、手入れされず放置されたままになっています。

外材に押され地域材を使うことが少なくなり、間伐された木も森の中で「捨て間伐」になっているのが現状です。

大切な森を守るために、私たちにできることがきっとあります。どうしたら森で働く人、地域材でモノづくりをする人、地元の木を使う人が増えるのか、

一緒に考え行動して下さる仲間も募集しています!




MORIMO基金

MORIMO基金のご案内


未来の子ども達に「森の恵み」を贈りませんか?

日本が誇る里山文化は、森を敬いそして守ることで「森の恵み」を享受してきました。

そして、森と共に生きる豊かな暮らしの知恵と高い技術が生まれました。それを次の世代に繋ぐために地産地消と地方創成に活かしていこうというのが、MORIMOの想いです。

森から学び森を活かして地域の木材を活用し、安心安全で高品質な製品づくりに努めています。

この豊かな「森の恵み」を守り、未来の子ども達に引き継いでいくために。森を保全・再生する3つの事業に、ぜひご支援をお願い申し上げます。


1.森の机事業

相模原市との共同事業で地産地消の天板を市内の小学校に随時納品。


2.森の体験学習事業

子ども達の森林体験学習を通して地域の森を守る活動を実地。


3.森の暮らし事業

津久井の森を守るために地域の森で働く人、地域材でモノづくりをするひとを育て、支援しています。

●基金 

一口5000円~(何口でも可)

基金にご支援いただいた方には下記の特典付きです

1. MORIMOオリジナルグッズと会員証

2. MORIMOの事業への参画

3. MORIMOのイベント、フォーラム、講習会などにご招待



●お申込み

一般社団法人 さがみ湖 森・モノづくり研究所 /MORIMO

〒252-0171 神奈川県相模原市緑区与瀬269

Tel : 042-684-4729

Fax : 042-649-0222




組織概要

名称 

一般社団法人 さがみ湖 森・モノづくり研究所 /MORIMO

設立年月日

2015年2月27日

所在地

〒252-0171 神奈川県相模原市緑区与瀬269

Tel : 042-684-4729

Fax : 042-649-0222

役員・社員等

理事 8名

淵上美紀子(代表)

丸茂 喬

斎藤 奈美

内野 郁夫

橋本 正義

佐藤 隆子

監事  2名

石村 黄仁

伊藤 信吾


支援・サポーター団体

●井上製材●エコナノクラブ●エスアール●尾崎製材●さがみはら環境活動ネットワーク会議●相模原市立環境情報センター●相模原市事務用品組合●相模原青年会議所●相模原総合建設組合●サトウ草木●里まちネットワーク●自遊クラブ●杉本林業●全国森林インストラクター神奈川会●創夢建設●相陽建設●創和建設●津久井郡森林組合●タジリ住建●藤野エリアマネージメント●マルモ出版●緑のダム北相模●ラボコスタ●リトル・トリー●ワコーグリーン(50音順)


MORIMO NEWS